去年の大雪で初めて雪の存在を知り、たくさん遊んで楽しい記憶しかない我が子のわんぱく坊主くん。
先日の雪では朝起きて庭を見た瞬間にテンションが上がり、「ぼく、雪かきしたいんです」と言って寝ていたパパをたたき起こしました。

ご飯も食べず、パジャマから着替えもせずに玄関に向かう子供をなんとか落ち着かせ、まずはご飯を終わらせました。
こちらに降る雪は水分を含んだ湿っぽい雪なので、コートの上にカッパを着て、靴下の上からビニール袋を被せて長ぐつはいて、手袋をしていざ外へ。
庭遊び用の小さいスコップで一生懸命に雪かきをし、パパと一緒に小さい雪だるまも作っていました。

玄関の前に作った雪だるまは雨であっという間に溶けてしまいましたが、楽しい思い出ができたみたいです。